【工作】一人暮らしが寂しいから『おかえりのキス』をしてくれる装置を作った





こんにちは、ARuFaです。

突然ですがみなさんは、生きていてふと寂しさを感じる瞬間はありませんか?

僕は3時間に一度の頻度であります。

 

実家を離れ上京し、一人暮らしを始めて早5年……。

友達もおらず、休日もただ散歩をするだけの日々に、孤独感はどんどん増していきます。

住んでいる賃貸もペット禁止なので猫一匹飼うこともできず、以前は猫と同じ重さの『疑似猫』を作り、寂しさを紛らわせていた時期もありました。

 

これが当時の写真です。

とはいえ、”常に身体が冷たくて固い”という「生命」と真逆の概念を保有していたため、完全に逆効果でした。

 

……さて、そんな暮らしを細々と続けている僕ですが、じつは僕には、一人暮らしを始めてからずっと憧れているものがあるのです。

それがこちら。

 

 

おかえりのキス、されてみてぇ~!

……そう、『おかえりのキス』をされてみたいのです。

仕事を終えて帰宅したら、愛する恋人が駆け寄ってきてくれてKISS……なんて素敵な生活なのでしょう。

最近、僕の友人が結婚したのですが、彼いわく、「おかえりのキスをされると疲労が一瞬で全回復する」と証言しており、それを聞いた僕は「ポケモンセンターと同じだね」と強がることしかできませんでした。

 

ちなみに僕はというと、仕事から帰宅してまず目に入るのがこの暗闇です。

孤独は人を狂わせると言いますが、こんな生活を続けていたら気がおかしくなってしまうでしょう。

そこで今回は、一人暮らしの寂しさを解消し、日々の生活に癒しと活力を与えるため……

 

『おかえりのキスをしてくれる装置』を作りたいと思います!

……そう、たとえ恋人がいなくても、そういう装置さえ作ってしまえば、おかえりのキスを体験できるのではないでしょうか。

そこで今回は、孤独をこじらせて気が狂ってしまう前に、『おかえりのキス装置』を作ってみたいと思います!

 

そんなわけで『おかえりのキス装置』を作るにあたり、まずは通販でマネキンを購入してみました。

今回はこのマネキンを可愛く改造し、僕の恋人としておかえりのキスをしてもらう予定です。

 

なお、今回購入したマネキンには顔が無かったため、まずは紙粘土を使ってを作っていきます。

作っていく表情は、俗にいう『キス顔』 です。

 

……そこで、キス顔の条件を調べてみたところ、キス顔を作るには「すぼめた口」「細くなった頬」「少し下がった眉」という三要素が必要であることがわかりました。

魅力的なキス顔を作るためにも、この条件を常に意識して顔を作っていくつもりです。

 

ということで、まずは土台となるマネキンの顔に紙粘土を貼りつけ、大まかな顔のパーツを形成していきます。

装置とはいえ、キスをするということは僕の記憶に深く刻まれることは確実なので、慎重に顔立ちを整えましょう。

 

そして、大まかな顔の形ができたところで、別のマネキンから拝借してきたこちらの目パーツを埋め込みます。

 

……いい感じです。目が入るだけで「生きてる感じ」が格段にアップしますね。

目は表情を作る上でかなり大事な役割を持つので、配置する際にはかなり気を使いました。

余談ですが、この作業中に実家の母親から電話がかかってきたのですが、「今キス相手つくってるから!」と言って切ったので、次の帰省が楽しみです。

 

さあ、目を配置したあとは、先程のキス顔の条件を意識しながら全体を整えていきます。

 

……そして、2時間の格闘の末、「すぼめた口」「細くなった頬」「少し下がった眉」という条件をすべて満たしたキス顔がこちらになります。

 

Perfect……

 

ご覧ください。こちらが、魅力的なキス顔の条件がすべて入った理論上完璧なキス顔です。

正直に言うと、僕はこの顔を見過ぎて正解がわからなくなっているのですが、理論上完璧なら大丈夫でしょう。

 

……さて、無事に表情が整ったら、風当たりのいい場所で乾燥させたのち、

 

眉毛などをメイクアップし、最後に好きな髪形のウィッグを装着すれば……

 

『理想のキス顔』完成!

澄んだ、スッと通った鼻筋、そして魅力的な……すべてが完璧ですね。

様々な試行錯誤を繰り返し、会社の大事な会議とかも欠席して作ったので感動もひとしおです。

 

……試行錯誤をしている中で、丸メガネをかけたら『昭和のガリ勉 』になってしまった時には流石に焦りましたが、とにかく無事に完成してよかったです。

 

そして、真っ赤なワンピを着せたマネキンにこの顔をドッキングすれば、おかえりのキスをしてくれる僕の恋人が完成しました。

……しかし、このままでは彼女は移動ができません。

『おかえりのキス』をするには、相手に駆け寄る必要があるため、お次はこの恋人を動かすための台車 を作っていきます。

 

ということで台車を作るべく、電気ノコギリで材料の木材を切っていきます。

この一連の作業は僕が働いている会社の中でやっているのですが、電気ノコギリの出す爆音のせいで全社員がイヤホンを付け始めました。

 

切った木材は接着剤で接着します。釘よりも手軽でしっかり固定できるので、こういう工作には重宝しますね。

 

そして、接着剤を塗った後は、乾くまで手を触れずに放置しておく必要があります。

こういう時、本来なら「触らないで」と書いた貼り紙をしておけばいいのですが、うちの社員はそんな貼り紙を見たら逆に触ってくるカスばかりなので意味がないでしょう。

 

そこで、貼り紙ではなくトランプタワーを設置してみました。

結論から言うと、「タワーを崩したら責任を負わされる」という心理が働いたのか、周辺に近づく者は誰一人として現れませんでした。

……毒をもって毒を制するように、面倒な奴等には面倒なことをぶつければ攻略できることが判明してよかったです。是非お試しください。

 

さあ、接着剤が固まった後は、最後にキャスターを取り付ければ……

 

こんな感じで、マネキンの恋人を移動させるための台車 の完成です。

 

あとは、この台車にマネキンの彼女を固定してあげれば……

 

『おかえりのキス装置』完成!

ついに完成しました。彼女こそが、僕を『おかえりのキス』とともに孤独から解放してくれる救世主です。

台車に付いたキャスターにより、不自然なほどスムーズな平行移動を可能とし、帰宅した僕を出迎えてキスをしてくれることでしょう。

 

……というわけで、あとはこの装置を稼働して『おかえりのキス』をしてもらうだけ!

ただ、そのためには、この装置の動力となる機構をセッティングする必要があるため、さっそく検証現場へ移動しましょう。

夢にまでみた『おかえりのキス』は、もうすぐそこです!

 

はい、そんなわけで、おかえりのキス装置を設置すべく、都内某所の一軒家にやってきました。

当初は僕の自宅(賃貸)で検証を行う予定だったのですが、大家さんに怒られた上に僕のツイッターまで把握されていて分が悪かったので、この一軒家を検証場所としてお借りしました。

 

というわけで、さっそく装置を搬入して準備を開始します。

全然関係ないですが、マネキンの下半身を抱えて「三河屋で~す!」と言いながら玄関に入ると、狂ったサブちゃんのモノマネができます。

 

……そしてここが、今回の検証で『おかえりのキス装置』や動力機構を設置する廊下です。

なお、装置の動力については、色々考えた結果以下の図のような仕組みになりました。

 

少し複雑な図なのですが、簡単に例えるのならば、巨大なパチンコのような仕組みです。

まず、強力なゴムを極限まで引っ張り、そこにマネキンをセット。そしてそれを非伸縮性のヒモで固定しつつ、その脇にを立てかけます。

 

その状態で斧が倒れてヒモを切断すると、ゴムの力で『おかえりのキス装置』が発射され、僕に向かってくる……という寸法です。

とはいえ、人間サイズの物体を発射するのは初めてなので、どうなるのかが全く予想できません。

 

でもまあ、恐怖よりも”キスされたさ”の方が気持ち的に勝っているので、気にせず準備を進めていきます。

 

発射された装置がまっすぐ走行するように、木材でレールを作って……

 

そして、動力の要である強力ゴムをしっかりと結び付けます。

このゴムはトラックの荷台に使用するようなマジのやつなので、本気で引っ張っても切れることはないでしょう。

 

……ちなみに今回は、ゴムを固定しているヒモを切断するために『斧』を使用するのですが、遠隔操作で斧を操作必要があるため、こんな物も作りました。

 

こちらです。一見するとヤバい小学生の自由研究にしか見えないので、ちゃんと説明させていただきます。

 

こちらは、斧に音感センサーをつけたもの。

センサーが音に反応すると自動的に斧が倒れる仕様となっており、遠隔でヒモを切ることができるのです。

 

……そして、すべての装置のセッティングが完了した状態がこちら。

 

複雑すぎて何がなんだかわかりませんが、僕の計算が正しければ、彼女はまっすぐ進んできて、僕の唇に優しく触れるはずです。

 

さあ、あとはこのピンと張り詰めたこのヒモを、音声センサー付きの斧でぶった切れば装置が作動します!

……それでは、完全にぶっつけ本番ですが、さっそくこの『おかえりのキス装置』を使ってみましょう!

 

カタカタ……カチ……カタカタタタ……

 

僕の名前はARuFa。働き盛りの28歳だ。

就職を機に上京して早5年。仕事は楽しいけれど、今日も夜遅くまでかかっちゃいそうだな……。

 

「あー、やっと終わった! でも結局残業になっちゃったな……」

残業っていうか19徹しちゃったから生きてるだけで奇跡なんだけど、どれだけ疲れていても家路につく僕の足取りはとっても軽いんだ。

……何故かって? そりゃ『彼女』が家で待っているからさ!

 

大好きな人が自分の帰りを待ってくれているってだけで、どんなに辛い仕事でも頑張れるよね。

 

ガチャ

 

「廊下が真っ暗だ。だいぶ遅くなっちゃったからなぁ……」

帰宅したときの薄暗い廊下……今までの僕はこの暗闇にとっても孤独を感じていたんだ。

……でも、今の僕は独りじゃない。さあ電気をつけてみよう!

 

カチッ

 

 

パッ

 

 

どうだい可愛いだろ? この一切微動だにせずに僕の帰りを待っていてくれていた彼女こそ、僕の恋人!

しかも彼女は、夢にまで見た『おかえりのキス』を僕にしてくれる予定なんだ!

 

その方法はとっても簡単!!

 

「ただいま~!!」

こうやって大きな声で帰宅の挨拶をすると……

 

彼女の背後にある音感センサーが僕の声をキャッチ!

 

すかさず装置が作動して、彼女を固定しているヒモが切断されると、彼女がゆっくり歩み寄ってきて優しくキスしてくれるはずなんだ!!

 

はずだったんだ……

 

 

 

 

 

 

………

 

……?

 

何が起きた?

……待って待って待って、え? なんで帰宅したはずなのに家の外にいんの?

ごめんごめん、整理させて? いま最後の記憶を思い返すからね。うん。

 

 

~回想(本人視点)~

……まず僕は帰宅して玄関のドアを開けたわけよね。

そしたら真っ暗だから、電気をつけたんだよね。うん。

 

そしたら『彼女』が待っててくれたから、僕は 『おかえりのキス』をしてほしくて、帰宅の挨拶をしたわけよね?

 

「ただいま~!!」

 

バオッ!

 

 

で、次の瞬間、目の前が真っ暗になって、気付いたら家の外にいた……と。

 

ふーん

 

そっか

 

事故じゃんね。

……身体にすごい衝撃が走って気付いたら外で倒れていたのですが、横を見たらが落ちていたので身体がバラバラになったのかと思いました(マネキンの腕だった)。

憧れの『おかえりのキス』が『さよならのタックル』になってしまったのは、たぶんゴムが強すぎたのが原因だと思います。

 

あと、動画を見返したら身長差で全然キスできておらず、タックルと膝蹴りを同時に食らっていました。

愛を求めてこの装置を作った僕でしたが、どうやら強すぎる愛は身を亡ぼすようです。

 

……とはいえ、部屋にこの装置がいると何だかんだで孤独は紛れるので、今後は観賞用として一緒に暮らしたいと思います。

もし、これを見ているあなたが孤独に苦しんでいるなら、寂しさに耐えかねて気が狂ってしまう前に、マネキンを改造してみてはいかがでしょうか?

 

そうすれば、きっとあなたも理想の異性と夢のような日々を過ごせることでしょう。

 

……それでは、僕はそろそろティータイムの時間なので、この辺で失礼したいと思います。

 

 

……さて、今回は「おかえりのキス装置」を製作したわけですが、そんな工作をする際に欠かせないのが『セメダインスーパーXゴールド』という接着剤です。

 

こちらは超多用途・高機能接着剤ということで、様々な素材に使用できるだけでなく、屋外使用可、ショックに耐え、熱・水に強いというタフな弾性接着剤。

シンナーが入っていないのでいやなニオイも少なく、工作・手芸・補修など幅広い用途で手軽に使用することができます。

 

さらに、瞬間接着剤ではなく1〜2分で動かなくなるタイプの接着剤なので、貼りつけた後も位置を微調整できるのが非常に助かりました。

『おかえりのキス装置』を作る予定のある方は、是非とも使ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは最後は、アプリで盛れたマネキンを載せて失礼させていただきます。

 

それではさようなら。

 


DATE
2019/09/27